株式会社サカタには4つの強みが有ります

LEATHER FACTORY SAKATA

About SAKATA
サカタとは

株式会社サカタは、大阪市阿倍野区にあるハンドバッグ・革小物のメーカーです。
当社には「材料調達力」「企画・デザイン力」「技術力」「設備力」の4つの強みが有ります。

Procurement Capabilities
材料調達力

サカタは、多品種小ロットに対応可能な材料を安定調達するため、 1960年の創業以来信頼を築き上げてきた国内の皮なめし工場との連携に力をいれています。

また国内に留まらず、イタリア、マレーシア、バングラディシュの企業とも取引きを行うことにより、素材確保に努めています。

その結果、ソフトシュリンクレザーを36色、ヘビ革40色の常時在庫を実現し、取引先の幅広いニーズに対応しています。

1

取引先皮なめし工場

2

リネアペッレ
国際皮革製品見本市

3

バングラディッシュ大使館

4

素材在庫


Planning and Design Skills
企画・デザイン力

サカタの製品のユーザーのほとんどが女性です。 女性ならではのニーズにお応えするには、色や形、サイズ感はもちろん、使用するシーンまで想定したデザインが求められます。

そのような高いご要望にお応えするため、当社では製品デザイナー、グラフィックデザイナー、バッグ職人、CAD / CAM , UVプリンター等のオペレーターに女性スタッフを登用し、女子力を活かした企画・デザインに力を入れています。

平成24年に香港で開催されたAPLF展示会では、当社のデザインが評価され「BEST OF AWARD」にノミネートされました。

1

製品デザイナー

2

グラフィックデザイナー

3

バッグ職人

4

UVプリンター
オペレーター

5

CAD / CAM自動裁断機
オペレーター

6

女子力全開

7

+STORY

8

Riscol

9

Lucky & Happy

Technical Capabilities
技術力

サカタは創業から40年以上にわたり、職人泣かせと言われるこだわり抜いたデザインの製品を作り続けてきました。

そこで培った経験に裏付けられた豊富なパターンや、素材の特性を知り尽くした職人の高度な縫製技術を最大限に活かし、 高品質なバッグや小物(サイフ)を製造しています。

また、熟練した職人から若い世代への技術継承を革製品メーカーの責務と捉え、積極的に取り組んでまいります。 機械化が困難で手作業が必要となる工程についても、自社内に留まらず外注先にまで技術指導を行い、 高付加価値な製品を提供できる仕組みを整備しています。

Equipment Power
設備力

サカタでは、一般に熟練作業が必要とされる工程でも、機械化が可能なものについては積極的に設備投資に取り組み、効率化をはかっています。

例えばCAD/CAM自動裁断機を導入し、裁断工程の見直しを行いました。 また、UVプリンタ , 刺繍ミシン等も導入し、新しい仕様にも目を向けて、さらなる向上に努めています。